ミックひろば第10号

2012年10月発行

事前にご相談いただくことにより、お客様の個別のご相談やご質問に納得のいくまできめ細かくお答えし、実際のお葬儀の際により丁寧に、そして何よりもお客様にご満足のいただける葬儀を執り行うことができます。

こんな時どうすればいいの?

と思ったら、ミックホールの会にご相談ください。

ミックホールの会では、お葬儀に関わる様々な事・・・事前に考えておきたいことや決めておきたいこと、葬儀の後の様々な手続きのことなどを相談できる、身近なパートナー・専門家をネットワークでご紹介する「相談室」を開設しました。いつでも気兼ねなくご相談頂けます。

葬儀のお手伝いから、普段の生活での困り事や税務、法律相談まで、皆さまを支えて参ります。

  • 誰に相談すればいいの?
  • 何から手をつければいいの?
  • 色々な人に意見されて何が一番良いのか分からない

そんな時の相談相手。

それがミック相談室です。

いま、家族葬が注目されている理由とは・・・

現代では著しく社会環境が変化しています。厳しい情勢の中では葬儀の縮小があり、また、高齢社会では見送る側も見送られる側も高齢となり、お呼びする人が極端に少なくなっています。また、家族の変化から子どもと離れて暮らす「ご夫婦のみの世帯」も急増しており、社会的な儀礼を重視する必要性がなくなったこともあります。このようなことが、「家族葬」へ移行する理由だと言われています。

生前整理セミナー 入門編

~よりよい人生と 心をこめた葬儀のために~


「葬儀を執り行って故人をお送りする」ということは、単に「手はずの整った葬儀をやる」というものだけではありません。「より良い葬儀」は、取りも直さずより良い人生を過ごすことと、最後の時をきちんと迎えるための心づもりを持つことから始まります。当社ではこの考え方を元に、これからの人生を明るく生き生きとしたものにするための学び「生前整理」と最後の時をその人らしく迎えるための「事前相談・心づもり」のセミナーを開催いたしました。ミックホールはこの二つの学びから、よりよい未来像を描いていきます。

生前整理セミナーは、五月三一日・六月二三日・七月一七日の全三回を第一期として開催いたしました。各回ともに講師は、整理収納アドバイザーの関美恵子さんと当社お客様相談センターの水口はるひ。関美恵子さんの講義は「モノ」や「時間」「こころ」「人間関係」など人生の様々な「整理」について解説をしていただきました。水口はるひの講義では、「葬儀」についての様々な知識や習慣・風習などから、実際に葬儀を体験した方のお話やご相談の実例などを交えながら「心づもり」と「事前の相談」について解説をいたしました。

この生前整理セミナーは、受講生を女性限定とさせていただき、また人数も一〇名限定と少人数で行わせていただいたため、とても充実したセミナーとなりました。

特に水口のお話させて頂いた「葬儀」についての様々なお話には、受講して頂いた皆さまの関心も高かったようです。

「そもそもお葬式とはどういもの?」「何のためにお葬式をするの?」といった素朴な、けれどもとても大切な基礎知識からお話をさせていただき、「故人を送るときに大切なことは?」「ご自分の葬儀の時にはどういう準備をすれば良いの?」といった踏み込んだ解説をさせていただきました。

また、回が進むにつれて「広告や宣伝にはなかなか現れてこない葬儀の実際」「聞いて初めて分かる、葬儀の実際」「家族葬が注目されている理由」「良い葬儀を行うために、今できること」など解説も幅広く、具体的な内容に踏み込んだものとなりました。

受講された皆さまからも、お身内の方の事やご自分の場合のことなど、セミナーを通じて様々な事をあらためて良く考える機会になったと、大変ご好評を頂きました。

生前整理セミナーは9月より第二期講座(全三回)をスタートしており、また今後も継続的に開催する予定です。受講をご希望の方は、ミックホールみずぐちまでお問合せ下さい。なお、当社ホームページ上に、生前整理セミナーについてのより詳しい開催内容を掲載しております。

当社の取り組み

ミックホールでは、葬儀の施行や仏具の販売だけではなく地域の皆さまの暮らしや環境のお役に立たせていただくための取り組みをしています。

割り箸のリサイクル

ミックホールでは、割り箸の回収・リサイクルに取り組んでいます。これは、三島市の三島青年会議所が進めている障害者の自立を促すエコ活動に賛同して始めたものです。

ホールでの葬儀やお通夜では、毎回たくさんの割り箸が出ます。これらの使い捨ての割り箸をそのまま捨てるには忍びなく、何とか出来ないものかと以前から考えていました。

三島青年会議所のこの活動に協力させていただくことで、当ホールで利用された割り箸は洗浄・乾燥され、三島市内の「株式会社三島チップ」さんでダンボール等の再生紙として生まれ変わっています。

また、この回収事業の収益は、障害を持つ方々の賃金となります。

わずかな事ですが、この取組を通じて地域の皆さまに貢献できているという実感があります。これからも少しでも地域の役に立てる、地域に根ざした企業でありたいと思っています。

使用済み切手を役立てよう

当社の事務所には毎日たくさんの郵便物が届きます。ミックホールみずぐちでは、その郵便物に貼られた切手を「JOCS社団法人 日本キリスト教海外医療協力会」に送っています。

この使用済みの切手は、収集家のご協力により換金され、カンボジア、バングラディシュ、ネパール、パキスタン、タンザニアの五カ国に保健医療従事者を派遣する事業や、現地医療従事者への奨学金支援などに使われています。

2009年には17トンの切手が寄せられ、1600万円を事業資金として役立てることができたそうです。

わずかな一手間で、其処に住む人々の健康を守る事業に協力することができます。これからも地道な活動を通じて、世界の人々が健康で幸せな毎日を送るための一助となれば幸いです。

お茶を学ぼうセミナー

当社では今年はじめに、従業員教育の一環として「お茶を学ぼうセミナー」を開催いたしました。


これは美味しいお茶の淹れ方や、お茶の知識を学び、葬送の現場でお客様にもっと美味しいお茶を飲んでいただこう、緊張の場でほんの少しでも良いからホッとくつろいでいただこうと思い、「おもてなしの心」を学ぶために開催したセミナーです。講師は「日本茶インストラクター」の資格をお持ちの姫の湯製茶の山下勝子さんにお願いしました。

スタッフの間でも非常に好評でしたので、今後ご希望などがあれば会員の皆さま向けにも開催を検討しております。

ご連絡・お問合せ

<電話>

フリーダイヤル:0120-417676

<住所>

〒410-2412

静岡県伊豆市瓜生野125-2 

<メール>

 info@michall-web.com

<ホームページから>

お問合せフォームから内容を入力してお問合せいただくことも出来ます。

お問合せページ

 

営業時間

電話でのお問合せは365日24時間、いつでも対応しています。

FMラジオ出演中!

「FMいずのくに」で毎月第一金曜日、終活やお葬儀のことをお話しています。

 

番組のオープニングでかかっているテーマソングはこちら↓

ミックおひとり様倶楽部

「最期まで自分らしくあるために」・・・ミックホールでは、あなたのシニアライフをトータルでサポートするための会員制倶楽部「ミックおひとり様倶楽部」を2015年1月18日に発足いたしました。ご入会は随時受付中!くわしくはミックおひとり様倶楽部Webサイトへ

ミックおひとり様倶楽部